アクアリウムプロショップ ピンポイント

海外渡航情報

中国、広東省広州市にある花鳥魚芸大世界と言うかなり大きい熱帯魚市場へ行ってきました。
こちらは広東省最大の熱帯魚市場で省内の熱帯魚小売業者が集まる場所で
日本で言う問屋さんの様な機能を果たしております。
日本と大きく違うのは一般の消費者も小売店同様購入する事が可能な事です。

市街地を離れ郊外にある花鳥魚芸大世界に向かう途中には食用と思われる養殖池や
錦鯉などの比較的保温が必要の無い魚の養殖池をよく見かけました。
アヒルの放し飼いなどもしておりのどかな印象でした。
(写真小さくて申し訳ございません。)

中国旅日記Vol.2(広州金魚市場編) 1

中国旅日記Vol.2(広州金魚市場編) 2






花鳥魚芸大世界は物凄く大きな施設で道が縦横に走っておりブロックごとに専門店が並んでおり金魚、水草、大型魚、アロワナ、エイ、フラワーホーン、パロットファイヤーなど
人気があるものはブロックに固まって出店しておりました。日本では考えられない造りに戸惑いながらもどの店舗も、もの凄い活気で満ち溢れておりました。

花鳥魚芸大世界 1

花鳥魚芸大世界 2

花鳥魚芸大世界 3

花鳥魚芸大世界 4





1日ではとても全て見きれないくらい物凄い数の店舗が有り、時間が許すのならば
2?3日じっくり見て回りたかったです。
市場のアロワナブロックにあるショップのオーナーが当店オーナーの古くからの友人らしく、
数時間アロワナ談義を行う事が出来ました。
目から鱗の管理方法や現在、中国でのアロワナの需要など、
驚く話がたくさん聞く事が出来、本当にいろいろ勉強させて頂きました。
そのあたりは後日、皆様にフィードバックできればと考えております。

やはり中国でもアロワナは風水などの縁起物としてだけでは無く
その泳ぐ姿の優雅さから絶大な人気があり、平日にもかかわらず
沢山の人で賑わっておりました。
店長は中国語が話せないので、オーナーとピンポイント現地法人社長のテリー氏に通訳して頂きながらお話を聞きましたが、
中国の方々のアロワナに対する熱い思いがきく事が出来てとても有意義な時間を過ごす事が出来本当に勉強になりました。

アロワナブロックにあるショップのオーナー





その店には、アルビノ過背金龍やプラチナ紅龍など貴重な個体をはじめ、
立派な過背金龍、紅龍やショートボディー紅龍、淡水エイなど
日本でもなかなかお目に掛れない様な凄く良い個体が揃っておりました。
近年、マレーシアやインドネシアのファームより極上な個体がごっそり中国に流れてしまっているという話は以前オーナーから聞いていたのですが実際に売られている魚をみて納得しました。
そんな中、現地のファームと粘り強い交渉をし、より良い魚を日本に入れようとしている
日本側プロショップの方々に恥じない様、自分ももっともっと頑張って行かないと
いけないなと改めて思いました。

日本でもなかなかお目に掛れない様な凄く良い個体 1

日本でもなかなかお目に掛れない様な凄く良い個体 2

日本でもなかなかお目に掛れない様な凄く良い個体 3

日本でもなかなかお目に掛れない様な凄く良い個体 4






サイテスの問題さえなければ日本に持って帰りたいと思う個体ばかりで、
終始テンションが上がりっぱなしでした。アロワナ以外でも
パロット、フラワーホーンなどもかなりのサイズがあり是非皆様にも見て頂きたいと思いました。
こちらは次回にでも輸入しようと企んでおります。

パロット、フラワーホーン







また、市場では珍品というか中国ならではの面白い物を発見しました。

photo1274.jpg

カラフルウーパールーパーです。初めて見ましたがすごくカラフルで不思議な感覚でした。
色が戻らないか心配ですがお店の方は戻らないと自信満々に言っておりました(^^;

この市場は今後も定期的に訪れ、中国の熱帯魚市場をチェックして行こうと考えております。
まだまだ続く中国旅日記、次はVol.3ピンポイントの中国アロワナ実験施設です。
是非ご期待ください!!




投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年1月28日

さて弾丸で行ってまいりました中国!!!
到着したころにはもうあたりは暗くなってました。

途中香港でトランジット中にご飯を食べたのですが、最初に食べたのは、、、

出前一丁( 入牢麺味)でした(笑)



出前一丁( 入牢麺味)でした(笑)
香港では出前一丁の人気が凄くあるみたいですが、
結構な辛さが有ります。。。

到着した日は以前のブログでも紹介させて頂きました様に、
ピンポイント本社事業(フィギュア関係の仕事)の工場視察でした。



ピンポイント本社事業(フィギュア関係の仕事)の工場視察

中国で凄く世話になったテリー社長とファン社長です。
その後工場の皆さんと近くの中華料理店へ食事に行きました。

2日目は広州の金魚市場という巨大な熱帯魚市場と、
ピンポイントの中国アロワナ実験施設の視察、管理を行います。
2日目の模様は次回中国旅日記Vol.2でお伝えさせて頂きます。





投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年1月28日

当店のアロワナ実験施設が中国にある事は時々記事にさせて頂いておりますが、
中国に渡航するたびに時々寄っている広州の熱帯魚市場をご紹介させていただきます。

こちらは広州市内にありまして敷地面積が東京ドーム位の広い敷地に数えきれないほどの熱帯魚店が入っております。

広州の熱帯魚市場




日本と大きく違うのは器具だけの店とかエサのみの店とか専門店が多い事です。

日本と大きく違うのは専門店が多い事です



日本でもアロワナ専門店を始め専門店は有りますが必ず専門商品以外の物も販売しております。
しかしこちらは本当に専門商品しか扱わないお店が多数あります。(パロットファイアーの専門店もあります)
もちろん総合的に商品を販売しているお店もございます。

何より凄いのは平日の昼間でもものすごい活気で熱帯魚の様な嗜好品が求められているのは中国の経済成長を肌で感じられます。

平日の昼間でもものすごい活気1

平日の昼間でもものすごい活気2




アジアアロワナや淡水エイに関しては日本より高値で取引されております。
特に特殊個体の価格はくらべものにならない位、高価ですが飛ぶように売れております。
この活気には羨ましい物があります。我々ももっと日本の熱帯魚を活気づけて行きたいと感じる今日この頃です。 

アジアアロワナや淡水エイに関しては日本より高値で取引されております。

高価ですが飛ぶように売れております

photo0586.jpg





投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年1月28日

エンパンレッドの生みの親エンパンレスマナー氏は1978年にインドネシアブシットバゥ地方にて初めて紅いアロワナに出会いました。

エンパンレッドの生みの親エンパンレスマナー氏




一瞬でアロワナの魅力にとり付かれたエンパン氏は12匹の稚魚を私財を投じて入手
(おそらく相当な一大決心だったと思われます)1986年に初めて養殖に成功、
そこから一匹の親魚も追加せず純血を守りつつ現在約6000匹まで増やしました。

純血の(同じ地方で採れた本当の意味での純血を守っているのはインドネシアでもエンパン氏のみだと思われます)
このエンパンレッドこそインドネシアの天然の川に生息している紅龍そのものなのです。

養殖場1

養殖場2




また、氏はインドネシアでマニアックな人物として有名人でもあります。
好きな事はとことんまで追求する氏の姿勢は素晴らしい物があります
養殖場を経営しながら元々経営していたバイク屋は現在も営業し日々オイルにまみれてバイクの修理を行っております。
また、インドネシアではなかなか見られないハーレーも所有し子息達とツーリングも楽しまれております。

バイク屋1

ハーレーも所有




かたや鳥も大好きで養殖場ストックルームの上に100個以上の鳥かごを設置した鳥ルームも
自身で金網の溶接などをして作成してしまいました。
その規模はどれも趣味の域を完全に超越したスーパーマニアの姿そのものです。

100個以上の鳥かごを設置した鳥ルーム

photo0529.jpg



エンパン氏曰く
人生一回限りだから好きな事に対しとことんまで追求しないともったいないじゃない

正直、自分も好きな事を追求してきた方ですがエンパン氏は別格だと思いました。

まさしく求道者です





こちらにエンパン氏との対談を掲載しております。
エンパン氏のアロワナに対する想いを掲載した面白い記事だと思います。





投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年1月28日

当店の中国現地スタッフの結婚式の為、中国へ行ったときに
中国のアロワナショップにも行って参りました。

中国のアロワナショップ


中国では相変わらずのアロワナブームが継続しております。

一時期ある程度落ち着いたのですが、やはり会社のオフィスやリビングなどに風水的に置かれる方が多く人気は健在です。

中国のアロワナショップ2


中国のアロワナショップ3


アロワナの質もここ数年高くてもクオリティの高い物が求められている様で、素晴らしいアロワナがたくさん入荷しておりました
当店のエンパンの画像なども見せ色々と情報交換をして参りました。

中国のアロワナショップ4



余談ですがオーナー一押しの中華料理田鶏パオ菜飯です。
こちらはカエルの土鍋御飯なのですが正直めっちゃうまいです。

中華料理田鶏パオ菜飯

中華料理田鶏パオ菜飯2

これで25元(400円位)なので行く度に食べております。
注文してから土鍋でコメを炊くので25分位かかるのですが、本当においしいので機会があったら食べてみて下さい。
また、当店のアロワナ実験施設がある場所は工場が隣接しているのですがそこの寮の御飯が本当においしいのです。


当店の実験施設見学会&広東省熱帯魚市場見学ツアーなどもそのうち企画致しますので是非ご参加ください

当店の実験施設



投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年1月28日

このページのトップへ戻る

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31