アクアリウムプロショップ ピンポイント

海外渡航情報

2日目がスタートし朝食の時間も惜しく早く出発したかったのですが、

ポンティアナからシンタンまでのフライトは30分程度、

シンタンの空港から約6時間の車移動になると言うことで朝食は食べた方が良いよと言われ、

逸る気持ちを抑え朝食をかっ込みました。

シンタンの空港 1

シンタンの空港 2

国内線







ポンティアナからシンタンまで行く飛行機は1日1便しか無く、

こちらもフライト遅延が発生し約1時間の待ち惚けです。

まだお目当てのアロワナに出会えていないのでソワソワしておりますが、

着実に近づいて来ている期待に妙なナチュラルハイになっておりました。

シンタン到着後、アロワナの聖地スハイード地区センタルン湖に向けてカプアス川を

横目に約5時間ロングドライブです。距離にして約200km程なのですが

舗装されていない悪路が多い為、感覚的には非常に遠く感じ感じられました。

日本の舗装されている道路のありがたみが身にしみて解りました。

舗装されていない悪路が多い

日本の舗装されている道路のありがたみが身にしみて解りました







途中で有名なスマトラの郷土料理のパダン料理というのを食べました。

現地の人はパタンと言っておりましたが、日本で調べ直したらパダンの様でした。

あらかじめ用意された料理が小皿で机一杯に置かれ手を付けた分だけお金を支払うシステムです。
現地の人は手でその料理を食べておりましたが

私はフォークで頂きました。

スマトラの郷土料理のパダン料理というのを食べました

現地の人はパタンと言っておりました

手を付けた分だけお金を支払うシステム

現地の人は手でその料理を食べておりました





道中、現地の言葉でブキクラウン(大きな石と言う意味)と言う有名な山があり、

現地の言葉でブキクラウン(大きな石と言う意味)と言う有名な山





カプアスフルの昔話に登場する、男性がカプアス川を分断するのに持っていた大きな石と言う

意味があるそうです。スハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り、

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 1

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 2

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 3

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 4

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 5

ハイード地区に行く途中、シーラに立ち寄り 6






数件のアロワナブリーダーの自宅にお邪魔したのですがこちらは撮影禁止だった為、

水質のチェックのみを行わせてもらいました。ph:7.3 TDS:10ppm

水質のチェックのみを行わせてもらいました





ブリードしているアロワナを見学し一路、スハイードに向かう事に致しました。

シーラからスハイードまでは約2時間程度のドライブでしたが、進むにつれ悪路も酷くなり

若干車酔い状態です(笑)

そんなこんなでポンディアナ出発から実に約8時間、ようやくスハイードに到着致しました。

約2時間程度のドライブでしたが

ようやくスハイードに到着致しました







いよいよ今回の渡航の目的のアロワナとの対面の瞬間が参りました。

ピンポイントオリジナルブランドとしてご紹介出来るかがこの選別に掛っておりますので緊張の瞬間です。

今回の交渉が纏まったスモールファームのスーパーレッドは、

今までに無いNEWスタイル(デブ系+ロングフィン&ビッグテール)です。

こちらが今回選別を行いました若魚と同タイプの成魚です。

こちらが今回選別を行いました若魚と同タイプの成魚です

こちらが今回選別を行いました若魚と同タイプの成魚です






この写真をエージェントから見せられた時から念願かなっての対面になります。

この成魚と同レベルの個体を親魚に、胸鰭の長さ、後方三鰭の大きさに拘りブリードされた

同様の個体群をブリードしているファームを数件まわり、

同様の個体群をブリードしているファームを数件まわり

同様の個体群をブリードしているファームを数件まわり

めぼしい個体をチェックして参ります

めぼしい個体をチェックして参ります




めぼしい個体をチェックして参ります。

めぼしいアロワナ個体をチェック1

めぼしいアロワナ個体をチェック2

めぼしいアロワナ個体をチェック3

めぼしいアロワナ個体をチェック4

めぼしいアロワナ個体をチェック5

めぼしいアロワナ個体をチェック6






その後、再度選別を重ね、数匹に絞り、その後、日を改めて再度選別して輸入する個体を厳選致します。

本当に納得の出来る個体を皆様に紹介する為、入荷数は限られてしまいますが、

現地スモールファームと共に細部まで拘ったハイクオリティNEWスタイルな

デブ系・ロングフィン&ビッグテールを皆様にご紹介させて頂けると思います。

お勧めのアロワナ デブ系ロングフィン画像1

お勧めのアロワナ デブ系ロングフィン画像2

お勧めのアロワナ デブ系ロングフィン画像3

お勧めのアロワナ デブ系ロングフィン画像4

お勧めのアロワナ デブ系ロングフィン画像5






そうして、深夜2時頃までファームとの打ち合わせ、選別を行っておりました。



夜も更け、スハイード地区近郊のセミタウ唯一のホテルに宿泊したのですが、

スハイード地区近郊のセミタウ唯一のホテルに宿泊

スハイード地区近郊のセミタウ唯一のホテルに宿泊

スハイード地区近郊のセミタウ唯一のホテルに宿泊







カプアスフルクオリティー満載な部屋で、シャワーが無く大きなタンクに、

カプアス川の水を汲んだだけと言うホテルの現状に戸惑いつつも

カプアス川と聞いたのでこちらの貯め水も水質チェックを行いました。

ph:6.9 TDS:2ppm 

カプアス川と聞いたのでこちらの貯め水も水質チェック



素晴らしい水質です、、、、アロワナにとっては(笑)

素晴らしい個体に出会えた事で興奮もピークなのでなんだか寝るのがもったいなかったので、

その日撮影をした写真を見返しながら、部屋で一人、再度生体のチェックを行っておりました(笑)

こうして2日目が終了いたしました。





■LINE@お友達募集中です。
最新入荷情報やお得な情報をLINEでお届けしております。
お友達登録方法は当店HPまで宜しくお願い致します。
LINE@ ID・・・@sce3002e



投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年12月15日

帰国前にインドネシアの熱帯魚小売店を見に行く時間が少しありましたので行ってきました。

通り一本に熱帯魚ショップが並んでおりました。

インドネシアの熱帯魚小売店を見に行く時間が少しありましたので行ってきました





お店を覗いてみると、淡水魚(小魚類)と鯉がメインと言った感じで、

ビタミン剤やカーニバル、キャットなどの人工飼料、

器材部品も多くショーケースの中に陳列されておりました。

お店を覗いてみると、淡水魚(小魚類)と鯉がメイン

淡水魚(小魚類)と鯉がメインと言った感じで

淡水魚(小魚類)と鯉がメインと言った感じで 2

淡水魚(小魚類)と鯉がメインと言った感じで 3

淡水魚(小魚類)と鯉がメインと言った感じで 4

ビタミン剤やカーニバル、キャットなどの人工飼料

器材部品も多くショーケースの中に陳列されておりました








海水魚店も見ましたが淡水魚、海水魚どちらのお店でも

比較的小さい魚の取り扱いが中心と言った感じでした

比較的小さい魚の取り扱いが中心と言った感じでした 1

比較的小さい魚の取り扱いが中心と言った感じでした 2

比較的小さい魚の取り扱いが中心と言った感じでした 3

比較的小さい魚の取り扱いが中心と言った感じでした 4






なかにはニワトリを放し飼いにしていたり、お店の外の餌箱でコオロギを管理していたりと

日本では感じることのできない空気感(インドネシアクオリティー)を

ビシビシと感じさせてくれるお店も多数ありました。

ニワトリを放し飼いにしていたり

お店の外の餌箱でコオロギを管理していたり





皆様もインドネシアに行く機会が御座いましたら、

現地の熱帯魚屋を見に行かれても面白いのではないでしょうか。



投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年7月 8日

インドネシア渡航も大詰めとなり、

3BRO AROWANAオーナーと最終打ち合わせに3BRO AROWANAのストックルームへ向かったのですが、アルタミラさんの打ち合わせも残っていた様でPT.AROWANAオーナーも一緒に来られました。

今回の打ち合わせでは少々無茶な事も遠慮せず全てを伝えてきました。

当店で独占販売しております3BRO AROWANAブランドを今後日本でどの様に展開していきたいという事や、今後のアロワナ入荷についてどんなアロワナ(サイズ・形・発色等の様々な条件を出しながら)が欲しいなどを中心に打ち合わせを行いました。

勿論こちらのブログでは紹介できない話しも多数話しております。

打ち合わせ途中、お互いに悩みどころも多々あり、

落し所がなかなか見出せない部分もありましたが、

なんとか当店の考えや気持ちを理解してもらうことが出来ました。

礼儀として手ぶらで帰るわけにもいきませんので??

実際のところ、私が気になっているスーパーレッドが何匹かいただけですが(笑)

スーパーレッドを選別してきました。

スーパーレッドを選別してきました





3BRO AROWANA訪問初日より気になったアロワナは随時キープして貰っていましたが、

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました。

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました1

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました2

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました3

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました4

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました5

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました6

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました7

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました8

中でもこれだというスーパーレッドを選んできました9






一通り打ち合わせ、選別を終え3BRO AROWANAオーナーとP.TAROWANAオーナーとストックルームで記念撮影を行いました。

選別を終え3BRO AROWANAオーナーとP.TAROWANAオーナーとストックルームで記念撮影を行いました







「今度は3BRO AROWANAのプトゥシバウにある池も見せて欲しい」とお願いしたところ、

「もちろん。プトゥシバウまで遠いけど何時でも見においで」と言ってくださいました。

帰国のフライトの時間までまだ余裕がありましたので、

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストランに

3BRO AROWANAオーナーに招待頂き、今回の渡航でお世話になっておりました松下さんと一緒に昼食を食べながら現地での飼育方法や餌について、

3BRO AROWANAオーナーが趣味でアロワナを飼育していた時代の話などを聞かせて頂きました。

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストラン 1

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストラン 2

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストラン 3

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストラン 4

インドネシアの伝統的な料理を食べる事が出来るレストラン 5





ハードスケジュールな2日間ではありましたが、多くの収穫があった渡航でした。

3BRO AROWANAやP.T AROWANAで聞いてきた飼育方法などを

さっそく当店で試してみたいと思います。

良い結果が出ましたら皆様にもお知らせさせて頂きたいと思いますので、皆様お楽しみに。



投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年7月 7日

インドネシア渡航最終日の2日目は、昨日に良いアロワナを移しておくと言っておりましたPT.AROWANAへの再訪問から始まりました。

前日にPT.AROWANAのオーナーが言っていた様に、当店にある雑誌「印尼神龍」で

写真掲載されている様な青味の強いスーパーレッドが移されておりました。

昨日に良いアロワナを移しておくと言っておりましたPT.AROWANAへ

掲載されている様な青味の強いスーパーレッドが移されておりました

掲載されている様な青味の強いスーパーレッドが移されておりました2








どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした。

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 1

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 2

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 3

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 4

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 5

どのアロワナも将来紅くなる事が期待できる個体ばかりでとても魅力的でした 6






他にも赤くする方法なども聞きましたが、PT.AROWANAオーナーも

3BRO AROWANAオーナーも共通して言っていたことは、タンニングなどはいつでも出来るし一時的にアロワナを赤くする事はそこまで難しくない。

色飛びしにくく、本当の紅いアロワナに育てるのには、当然良い遺伝子を引き継いだアロワナであることも重要だけど、長い時間をかけて飼育していくし
かないじっくり飼育するしか無いと言っておりました。



時間の許す限りPT.AROWANAオーナーと話しをしたかったのですが、

当店で独占販売させて頂いております、

3BRO AROWANAオーナーともう少し今後の打ち合わせも残っており

帰国のフライト時間もありましたので

3BRO AROWANAのストックルームに移動することにしました。



3BROAROWANAオーナーとストックルームで話した内容につきましては、次回のブログでご紹介させて頂きます。


投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年7月 7日

3BRO AROWANAでの打ち合わせを一通り終えた後は、

アルタミラさんの打ち合わせに同行させて頂き、PT.AROWANAに伺いました。

入口にはセキュリティーゲートがあり、このようなアロワナ像がお出迎えです。

入口にはセキュリティーゲートがあり、このようなアロワナ像がお出迎えです





PT.AROWANAは広大な敷地に在りまるで公園のような広さでした。

PT.AROWANAは広大な敷地に在りまるで公園のような広さでした1

PT.AROWANAは広大な敷地に在りまるで公園のような広さでした。2

PT.AROWANAは広大な敷地に在りまるで公園のような広さでした。3






松下さんは打ち合わせをされると言う事なので、私は早速アロワナを見て回る事にしました。

私は早速アロワナを見て回る事にしました 1

私は早速アロワナを見て回る事にしました2

私は早速アロワナを見て回る事にしました3







PT.AROWANAではインドネシアの強い太陽光をふんだんに

アロワナが浴びる事が出来る様にと屋外屋根付きでずらりと水槽が並べられており、

スーパーレッドブルーベースやベタ赤と言った具合に素晴らしいアロワナが多くいました。

繁殖池も見せて頂いたのですが、サイズ・色味共に素晴らしいスーパーレッドが無数にいました。

屋外屋根付きでずらりと水槽が並べられており

強い太陽光をふんだんにアロワナが浴びる事が出来る

強い太陽光をふんだんにアロワナが浴びる事が出来る2

強い太陽光をふんだんにアロワナが浴びる事が出来る3

繁殖池も見せて頂いたのですが、サイズ・色味共に素晴らしいスーパーレッドが無数にいました1

繁殖池も見せて頂いたのですが、サイズ・色味共に素晴らしいスーパーレッドが無数にいました2

繁殖池も見せて頂いたのですが、サイズ・色味共に素晴らしいスーパーレッドが無数にいました3






PT.AROWANAスタッフの方が餌を持って歩くとアロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です。

アロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です 1

アロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です 2

アロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です 3

アロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です 4

アロワナ達が手の届くところまで寄ってきて間近で親魚を見せて頂いたのですが、圧巻の一言です 5







続いて室内にストックされております稚魚(サイズ約10cm程度)を見せて頂いたのですが、

どの稚魚も凄く綺麗で青味も凄く強く思いました。

PT.AROWANAオーナーがどうだと言わんばかりに手で掬い上げ写真を撮らせてくれました。

続いて室内にストックされております稚魚(サイズ約10cm程度)を見せて頂いたのですが

どの稚魚も凄く綺麗で青味も凄く強く思いました







他のたたき池(ストック池)を見せて頂いたのですが、

1日で全て見るのは不可能な位池の数がありますので、

写真に収めるのに必死になっておりました。

1日で全て見るのは不可能な位池の数があります 1

1日で全て見るのは不可能な位池の数があります 2

1日で全て見るのは不可能な位池の数があります 3

1日で全て見るのは不可能な位池の数があります 4

1日で全て見るのは不可能な位池の数があります 6






やはり、PT.AROWANAでも「このアロワナはどうだ?」と勧められましたが、

インドネシアお決まり??の後出しが次々出てきます(笑)

最終的には「明日も見に来ると良いよ、良いアロワナを水槽に移しておくから・・・」

でました、後出し!!

直ぐに「OK!!これにする」と即決しない方がいいと学びました(笑)



翌日にPT.AROWANAに再訪問する事にし、1日目の予定はここで終了となりました。

朝9時頃から3BRO AROWANAとPT.AROWANAを見たのですが、ホテルに戻ったのは11時過ぎでした。

ホテルに戻る前に食事する事になり、私がインドネシアに行った際に必ず食べている

グラミーのから揚げも忘れずに食べました。

グラミーのから揚げも忘れずに食べました




2日目のご紹介は次回のブログでご紹介させて頂きます。







投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年7月 7日

このページのトップへ戻る

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31